Webフロントエンド開発

大~小規模までのコーポレートサイト制作、キャンペーンサイト制作、ランディングページ制作をお客様がお持ちのガイドラインや、自社ガイドラインでコーディング致します。

ピクセルパーフェクトなコーディングからRWD(レスポンシブWebデザイン)まで幅広く対応可能です。

得意な分野
  • ・PC・SP向けランディングページのデザイン制作
  • ・BtoC、BtoBキャンペーンサイトのデザイン制作
  • ・制作ガイドラインに沿ったコーディング

制作の流れ

1,ヒアリング

制作開始前にお客様の要件を確認させて頂きます。
制作ガイドライン・コーディングガイドラインの有無、デザインのイメージから、参考とする同業他社のサイト、ご用意頂ける素材確認

2,競合及び市場調査

特に新規サービスや、デザインコンセプトなども弊社にお任せ頂ける場合は、制作させて頂くサイト内での訴求キーワード調査と選定、またデザインイメージやサイト構成案などを調査致します。

3,企画のご提案

ヒアリングと事前調査の内容を企画提案書としてまとめ、ご提案させて頂きます。
またこの時点でお見積も同時に提出させて頂きます。

4,ワイヤーフレーム制作

cacoo又はパワーポイントを使いワイヤーフレームを制作させて頂きます。
対象となるページはトップページと下層ページ複数枚になり、この段階で1度コンテンツ内容や配置を事前に確認頂きます。
またアニメーションや動きのあるサイトの場合はこの段階でサイトのモックアップを併せて提出させて頂きます。

5,グランドラフデザイン提出

校正して頂きましたワイヤーフレームを元にデザイナーがデザインを作成します。
グランドラフデザインは最低でも2パターン以上提出させて頂き、イメージに近いものを選定頂きます。

6,デザイン

グランドデザインが確定しましたら、下層ページのデザイン制作に入ります。
レイアウトパターンが違うページは全てデザインを事前に作成させて頂きます。

7,コーディング・js実装

デザイン確定後に、コーディングを行います。
ワイヤーフレーム、モックアップ、デザインを元に制作を進めます。

8,デバッグ

コーディング後はお客様指定のステージング環境か弊社ステージング環境にアップをしデバッグを行います。
デバッグでは社内にあるテスト端末を使い複数名で内容確認から素材確認、レイアウト崩れや文章構造などの確認を行います。

9,公開

弊社デバッグ後にお客様にもご確認頂き、問題がない場合は本番化をし納品となります。

10,運用・プロモーション

公開後サイトへの集客や成果獲得のためインターネットを使った集客を行います。
また更新などの運用代行、ユーザ動向を確認しサイトの改善案を提出させて頂くコンサルティングフェーズに移行します。

Webフロントエンド開発の制作事例